生理中の飲酒と避妊ピルの関係

お酒が好きな女性は少なくないでしょうが、生理中の飲酒が身体に与える影響はご存知でしょうか。アルコールは血行を促進する働きがあるため、出血量が多くなるケースもあります。また、アルコールを分解するために身体に負担がかかりますので、生理の負担とダブルになり、スムーズな生理にならずにダラダラと出血が続くこともあり、生理痛が悪化する可能性もあります。生理の量が多い人や生理痛のある人は、過剰摂取にならないよう気をつけ、できれば生理の1日目、2日目は飲酒を避けるとよいでしょう。排卵から生理中は、身体の各機能は低下するため、ふだんより酔いやすくなります。このため、いつもより飲んでしまう恐れがあるので注意しましょう。
避妊ピルを飲んでいる場合には、生理の出血や生理痛は軽減されていますが、肝臓に負担を与えています。やはり飲み過ぎには注意してください。なお、アルコールは避妊ピルの効果に影響を与えることはありません。ただし、飲み過ぎや二日酔いなどで嘔吐した場合には、ピル服用時間によっては再服用の必要があるケースもあります。医師や薬剤師に相談するとよいでしょう。
いずれにしても、悪影響が出ない程度の適度な飲酒量を守れば、ストレスも緩和して気分がリラックスします。節度を持って楽しむようにしましょう。
ピルを服用中には、グレープフルーツはピルの効果を強めることがあり、吐き気や頭痛など副作用のある人は、これらが強く出てしまうことがあります。グレープフルーツの入ったお酒を飲んだり、お酒の代わりにグレープフルーツジュースを飲む場合には、このことを知っておきましょう。また、セント・ジョーンズ・ワートやチェストベリーは、ピルの効果を低下させますので、これらを含んだジュースも避けるようにしましょう。